若返りとフェイスリフトの種類について

Pocket
LINEで送る

施術内容も代金帯もフェイスリフトの技法によって諸々です。

頬やこめかみのフェイスリフトを行いたいという時、SMASを引き上げるためにうなじや耳介のまわり、頭髪を部分剥がす事になります。

気楽にできるフェイスリフトはフェザーリフトとも名付けられており、時の経過と共に皮膚に吸収される糸で顔のラインなどを持ち上げて整るものです。

顔全体ではなく一部のたるみなどをリフトしたい場合には、ミニリフトと言われる施術法があります。

アラフォー女子にとってフェイスリフトは5年〜10年は影響がありますが、ミニリフトは1年〜2年程度で糸がなくなり元に戻るといいます。

フェイスリフトの方法によっては、10歳〜20歳もの若返り影響が望み可能なと言われています。

施術後一週間は皮膚の炎症がひかない事もあり、全身麻酔で施術を行います。

どのような形での若返り効果を求めるかで選択すべきフェイスリフトも変化します。

皮膚を切らずに可能な手軽な技術もあり、軽い心情で受けられる事からアラフォー世代やアラフィフ世代の方が若返りを目的として多くの女性が活用しています。

アラフォー女子のみなさんはフェイスリフトで行える若返りには何個かの種類がありますが、どのようなものがあるのか知っているでしょうか。

一般的に言うフェイスリフトとは、顔の皮膚の下にある「SMAS」と呼ばれる部位の組織を引っ張るもことでたるみを解消するものです。

フェイスリフトで肌を切開しない手段なら、手術の痕なしに若返り影響を得る事ができます。

頬や首の一部分だけを引き上げるという手順です。